石川県金沢市の印刷会社 株式会社谷印刷
サイトマップ お問い合わせ
ホーム 会社案内 商品案内 自費出版 情報BOX 環境対策 リンク
ホーム情報BOX社員が作るページ2016年7月の記事
 
 
社員が作るページ

2016年7月の記事


@ペットを考える

ペンネーム:S.O

人間が動物を側に置くようになって以降、その役割は時代によって変化してきました。もともとは番犬や猟犬など生活のパートナーとして飼われていましたが、徐々に権力の象徴という意味が加わり、現在では人間の心を楽しませたり、和ませたりしてくれる存在になっています。
最近のペットブームでは犬から猫に移りつつあるようです。
30年以上も前の事ですが、或るジャーナル誌の「木から落ちる猫」という記事を思い出しました。
木には登ったものの、降りることができなくて、その内宙返りもできなくなり背中からドスンです。
丸々太って猫という本来の動物ではなく、文字通りペットです。確かに動物は私たち人間の心を和ませ、また癒やしてもくれます。人間はペット専用の動物を作ったりもしていますが、いくらペットといっても本来の動物としての尊厳だけは守ってあげたいものです。

一説によると日本でも縄文時代から犬を飼っていたという説もあります。ペットを飼われるなら「めんどうになった」「大きくなりすぎた」等々、人間の思いの勝手で捨てたり手放したりしないよう、最後までめんどうを見てあげたいものです。

 
 
   
   
 
 
 
免責事項 個人情報保護方針 Copyright(C) Taniinstasu Corporation. All Right Reserved