石川県金沢市の印刷会社 株式会社谷印刷
サイトマップ お問い合わせ
ホーム 会社案内 商品案内 自費出版 情報BOX 環境対策 リンク
ホーム情報BOXひとくちメモ2005年2月の記事
 
 
ひとくちメモ

2005年2月の記事


大豆の豆知識
2月となり、冬も終わりへと近づいてきました。
暦の上では立春を迎え、春がいよいよ始まろうとしています。

さて、2月と言えば、有名な行事として節分がありますね。
その節分にまかれる豆というのは、多くの場合は大豆のようです。
今回はその節分に使用される大豆について少々。

近年では大豆に含まれる成分が健康に良いということで、大豆を摂取する方が増えてきています。
特に大豆を絞って飲料にした豆乳が多く飲用されるようになり、豆乳の認知度も上がってきました。
関連食品も多く販売され、健康ブームに一役買っています。

■何故大豆が健康によいのか?
大豆に含まれている成分は、様々な効果を体にもたらします。
その機能の一部をご紹介します。

タンパク質
(ペプチド)
血中コレステロール低下作用、血圧上昇抑制、抗酸化作用、肥満防止
脂質
善玉コレステロールの増加、脂質代謝の改善、記憶力・集中力の増加
イソフラボン
細胞のガン化を抑制、ガン細胞の増殖を抑制、骨粗鬆症の緩和、更年期障害の緩和
食物繊維
整腸作用、大腸ガンの抑制
ビタミン
成長促進作用、抗酸化作用
サポニン
老化防止、抗がん作用

ややこしい横文字が並んでいますが、この中でも特に注目されているのが『イソフラボン』です。
ガン予防に効果があると言うことで、テレビなどのメディアでも取り上げられることが多いです。

世の中は健康ブームということで盛り上がっています。
これは健康に対する意識が高くなってきているということで、喜ばしいことではないでしょうか。
ファッションのような一過性の流行としてではなく、習慣として続けていくことが自分のためにも望ましいですね。

 
   
   
   
 
 
 
免責事項 個人情報保護方針 Copyright(C) Taniinstasu Corporation. All Right Reserved