石川県金沢市の印刷会社 株式会社谷印刷
サイトマップ お問い合わせ
ホーム 会社案内 商品案内 自費出版 情報BOX 環境対策 リンク
ホーム情報BOXひとくちメモ2004年4月の記事
 
 
ひとくちメモ

2004年4月の記事


春になれば物忘れが始まる・・・?
うっかり年は取りたくないもので、先月追加の原稿を書く事をすっかり忘れてしまいました。
人間には、健忘症と春ボケ症の2パターンがあるそうですが、どちらにあてはまるか不安です。大いに反省しています。
なお、人の頭脳は忘れる(記憶を消す)事が出来るから、新しい情報を蓄積する事が出来るそうです。(ホントかな)
さて、昨年各方面でヒットした商品やビジネスを覚えていますか?
今回はこれを少しご紹介します。

◎流行とヒットと

一番ヒットした歌、SMAPの「世界に一つだけの花」CDはリリース後7ヶ月で200万枚を突破。 又、中高年のアイドル、綾小路きみまろの「毒舌CD」も100万枚を売上げた。
IT関連では、auの「着うた」人気が急上昇。1曲当りの価格は50〜100円だが、1ヶ月のダウンロード数700万件。

「IP電話」も格安の電話料を売りものに、今年は1000万件の加入を目指すそうな。
食品では日清の「具多(グータ)」(ラーメン)が発売3ヶ月で100万ケース、アサヒの缶コーヒー「ワンダモーニングショット」が7ヶ月で1000万ケースを。「エビスの黒ビール」は売行きに生産が追いつかない状況。
生活用品では、白元がドクター・コバと組んで売り出した「風水採香」が年間で640万個売上。
武田薬品の水虫薬「スコルバ」が大ヒット。

意外なものでは、送信所から送られてくる電波をキャッチし、正確な時間を刻む「電波腕時計」が静かなブームになっているそうです。

毎年新しい商品が生まれますが、消費者に受け入れられるのは、ほんの一握りの商品ですね。
ヒット調査
 
   
   
   
 
 
 
免責事項 個人情報保護方針 Copyright(C) Taniinstasu Corporation. All Right Reserved